障害者刑事弁護マニュアルが出版されました

大阪弁護士会のプロジェクトチームが作成した障害者刑事弁護マニュアルが出版されました。当事務所の髙山弁護士,川上弁護士も執筆者を務めています。

季刊刑事弁護101号

髙山弁護士と川上弁護士が編集委員を務める,季刊刑事弁護101号が出版されました。同号の「証拠開示制度のあり方、活用の道を探る」特集に,川上弁 … 

不当な親子分離を解消した事例

川上弁護士が親権者側代理人として活動した事件で, 児童相談所の申し立てた28条審判(子どもを乳児院ないし児童養護施設に入所させ,あるいは里親 … 

美容外科案件で示談が成立(宇野弁護士担当)

男性の美容外科に関する被害の賠償を求めた案件で,示談が成立しました。 患者さんは,当該美容外科クリニックにおいて,一般的には,ヒアルロン酸な … 

逆転無罪判決(SBS関連事件)

2019年10月25日、大阪高裁第6刑事部は、生後2か月の孫を揺さぶるなどして死亡させたとして、一審で懲役5年6月の実刑判決を受けていた祖母 … 

情状弁護アドバンスが出版されました。

川上弁護士が編集委員を務めた「情状弁護アドバンス」(季刊刑事弁護増刊)が出版されました。「刑事弁護ビギナーズ」シリーズとして「情状弁護ビギナ … 

季刊刑事弁護100号記念特別号

髙山弁護士と川上弁護士が編集委員を務める「季刊刑事弁護」100号記念号が出版されます。同誌は1995年に創刊されて以来,国内唯一の刑事弁護専 … 

髙山弁護士が関西学院大司法研究科教授に昇任

本年4月より、髙山巌弁護士が関西学院大学大学院司法研究科(法科大学院)の教授に昇任しました。 引き続き、実務家教員として後進の育成に携わりま …