法律相談料

30分 5,400円(税込)

※夜間対応(午後7時以降)となる場合には、1.5倍の費用がかかります。

その他費用詳細

ゼラス法律事務所 刑事事件費用基準(税別)

1. 捜査弁護
着手金 事案簡明な事件 30万円~50万円
否認事件及び重大事件 50万円~
不起訴  
(a)事案簡明な事件の場合 30万円~50万円
(b)否認事件・重大事件・
  裁判員裁判対象事件の場合
50万円~
報酬金 求略式命令 上記を超えない金額
起訴事実が被疑事実より有利になった場合 20万円~
準抗告等が認容された場合 30万円~
2. 公判弁護
着手金 ※捜査弁護から引き続いて受任する場合には,事案により下記の
着手金額より一定額を減額します。
事案簡明な事件 30万円~50万円
否認事件及び重大事件 50万円~
裁判員裁判対象事件 100万円~
報酬金 無罪 100万円~
刑の執行猶予  
(a)通常の場合 30万円~
(b)弁護活動に特に労力を
 要した場合 (例:示談成立等)
50万円~
求刑より刑が軽減された場合 軽減の程度による相当額
認定事実が起訴事実より有利になった場合 30万円~
検察官上訴が棄却された場合 30万円~
保釈された場合 10万円~
3. 少年事件
着手金
捜査弁護 成人の捜査弁護に準じます。
少年審判における付添人活動 成人の捜査弁護に準じます。
報酬金 非行事実なしに基づく
審判不開始又は不処分
成人の無罪の場合に準じます。
非行事実認定に基づく審判不開始
・不処分又は保護観察
成人の執行猶予の場合に準じます。

※事案簡明な事件とは、事実を間違いないと認めて、かつ事件処理に長時間を要さないものをいいます。

※長期化する事件や、遠方への接見や出廷が必要となる事件では、別途日当を頂くことがございます。

(1日あたり5万円以内)

以上は全て1件あたりの基準額(税別)です。
実際の金額や支払い方法は、個別にご相談の上、事件受任及び報酬請求の際に決定します。