否認事件を担当してほしい

99.9パーセントという数字は、諦めなければならない壁ではありません。

ドラマにもなったように、我が国の刑事裁判の有罪率は非常に高い数字を示しています。しかし、適切な弁護活動を行った事件に絞れば、この数字は変わってきます。 私たちはすでに合計15件の無罪判決を得ています。これは決して偶然ではありません。

それでも、一筋縄ではいきません。捜査段階の対応をどうすべきか、証拠をどれだけ集められるか、集めた証拠をどのように読み解くか、検察官の主張を崩すポイントを見つけられるか、証人への尋問をどのように行うか、裁判官や裁判員を納得させる論理を示すことが出来るか。

否認事件は、刑事弁護人の能力が最も問われる場面であることは間違いありません。冤罪によって人生を壊されないために、最高の弁護活動が行われなければなりません。