代表弁護士 髙山 巌

新聞記者を経て弁護士になりました。これまで300件以上の刑事事件(裁判員裁判は30件以上)を担当しました。 依頼者のみなさまに寄り添う弁護をモットーにしています。

学 歴

東京大学法学部卒業

京都大学法科大学院修了

弁護士登録年

平成19年(2007年) 大阪弁護士会登録

主な経歴

  • 日本弁護士連合会刑事調査室嘱託
  • 大阪弁護士会刑事弁護委員会副委員長
  • 一般社団法人東京法廷技術アカデミー理事
  • 日本刑法学会員
  • 関西学院大学大学院司法研究科 教授

著書・論文

「実践!刑事弁護異議マニュアル」(大阪弁護士会刑事弁護委員会公判弁護実務部会,現代人文社,2011年)

「接見室での録音・録画をめぐる実情と問題の所在」(季刊刑事弁護72号),現代人文社,2012年)

「共同被告人の弁護人間の倫理」(後藤昭・高野隆・岡慎一編著『実務体系 現代の刑事弁護1 弁護人の役割』,第一法規,2013年)

「具体的事例から見る『人質司法』の現状」(自由と正義 66巻3号,2015年)

「接見時の電子機器等の持込み」(刑事法ジャーナル46号,成文堂,2015年,共同執筆)

「刑事弁護ビギナーズver.2.1」(現代人文社,2019年)

「起訴前・公判前整理・裁判員裁判の弁護実務」(日本弁護士連合会刑事調査室編,日本評論社,2019年)

「被告人のための裁判員裁判が実現できているかーこれからの10年に向けて10年を振り返るー」(自由と正義 70巻5号,2019年)

パートナー弁護士 川上 博

これまで、大阪、岐阜(可児市)で弁護士をしてきました。

岐阜では法テラスのスタッフ弁護士として、貧困問題や福祉機関と連携した事件を中心に活動してきました。こうした刑事事件以外の経験も、現在に生かされています。 刑事で特に重点的に取り組んでいるのはSBS(揺さぶられっこ症候群)が疑われる事件、性犯罪事件、窃盗癖などの依存症が疑われる事件などです。

民事分野では、風テラスの活動にも力を入れています。

学 歴

大阪市立大学法科大学院修了

弁護士登録年

平成21年(2009年) 大阪弁護士会登録

主な経歴

  • 平成23年1月~平成25年12月
    【法テラス可児法律事務所所長】
  • 平成21年12月~平成22年12月
    平成26年1月~平成29年7月
    【大阪パブリック法律事務所】

所属

  • 日本弁護士連合会日本司法支援センター
    (法テラス) 推進本部 幹事
  • 大阪弁護士会刑事弁護委員会委員
  • 司法・福祉連携プロジェクトチーム
  • 過疎地派遣要請プロジェクトチーム
  • 現代人文社 季刊刑事弁護編集委員
  • SBS検証プロジェクト 事務局長
  • 大阪市立大学法学部 非常勤講師

著書・論文

「特集 貧困ビジネスとたたかう 住居提供型貧困ビジネスに対する勝訴判決の分析―御嵩簡易裁判所平成24年11月22日判決」(賃金と社会保障No.1579,旬報社,2013年)

「取調室外での不当行為を取調べ録画の際に暴露した事例」(季刑刑事弁護82号60~63頁, 現代人文社, 2015年)

「新弁護人が争点の再整理と公判期日取消しを求めた結果、無罪となった事例」(季刊刑事弁護88号91~95頁,現代人文社,2016年)

「自白調書の任意性なしとして取調べ請求が却下された事例」(月刊大阪弁護士会2017年3月号,64~65頁)

「強制わいせつ致傷の成立を争った結果、条例違反と傷害の併合罪となった事案」(季刊刑事弁護93号132頁~136頁 現代人文社,2018)

「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)事件を争う弁護活動」(季刊刑事弁護94号9頁~58頁 現代人文社,2018)

「情状弁護アドバンス」(現代人文社,2019年)

 

パートナー弁護士 宇野 裕明

刑事事件は100件以上担当してきました。医療過誤事件は30件以上担当してきました。依頼者の皆様の抱える問題に対して,刑事・民事の多くの経験で磨いてきた技量を用いて万全の解決を目指します。

学 歴

大阪市立大学法科大学院修了

弁護士登録年

平成21年(2009年) 大阪弁護士会登録

主な経歴

  • 大阪弁護士会刑事弁護委員会 部会長
  • 大阪弁護士会医療委員会 委員
  • 大阪弁護士会法律援助事業・日本司法支援センター対応委員会 委員
  • 大阪弁護士会医療観察法プロジェクトチーム メンバー
  • 大阪医療問題研究会 事務局長
  • 医療事故情報センター理事

著書・論文

「医療紛争処理マニュアル」(大阪弁護士会医療委員会,大阪弁護士協同組合,2013年,一部執筆)

「攻撃防御方法からみた医療判例評釈」(大阪弁護士会医療委員会,大阪弁護士協同組合,2017年,一部執筆)

「刑の一部執行猶予制度について」(大阪弁護士会刑事弁護委員会,刑弁情報,2017年)

「実践!弁護側立証」(大阪弁護側立証研究会,成文堂,2017年,一部執筆)